ゆ~き~やわんわん▽・w・▽

今日の松山は雪!


大粒のフワフワな雪が降りました(*'▽'*)♪


トップは不思議そうに雪を見つめ、落ちた雪をパクパク

食べていました(*^^*)

top0208-4.jpg

ここからいつも下界を眺めています。


top0208-3.jpg

しかしお尻がデカい(´・ω・`)


top0208-5.jpg

遊びに出掛けたそうにしてますよ~




今日は入院している父のところに着替えを持っていくこと

になっています。

top0208-9.jpg

アズも行きたいね~(´・_・`)

でもアズはお仕事・・・


寒い中、出勤していきました。



父はひと通りの検査も終わり、24時間点滴の束縛からも

解放され、やれやれといった感じでした。


ちょうど血糖値を測る時間だったのですが、父が

「お前、最近太ったんなら血糖値、測ってみるか??」

と言うので測ってみました(*゚▽゚*)

top0208-1.jpg

指先をチクッ(+。+)


top0208-2.jpg

血液を測定器につけます。


測定結果~♪「134」♪

食後4時間経過しているのですが、父が言うには正常

だそうです。

父は「197」でした。


退院時期は数日後に出る細胞の検査結果によりますが、

来週には退院出来そうです。



帰り道、トップを「かすみの森公園」に連れて行き走らせ

ました。

top0208-6.jpg

アズが居ないので、私が代わりに駆けっこに付き合いまし

たよ(´Д` )

top0208-7.jpg

父は、母がガンとして畑を減らすと言わないのでその事を

心配していました。

私からも言ってみるとは言いましたが、父にも治療に

専念して欲しいし、母の負担も軽くしてあげたいし、

私に何が出来るだろうと考えます。


家族の支えがなによりの励みになるだろうし。


父と私とでコミュニティールームで話をしていたので

すが、そこにスーツを着たご老人が一人でずっと座っ

ていました。

今日が退院なのに、ご家族が迎えに来てくれない様子

でした。


ご家族に電話で「退院の日ぐらい来てくれや」と言って

いるのを聞いて、とても寂しい気持ちになりました。


家族がいるのにこんな寂しい思いをするくらいなら、家族

のいない寂しさを味わいながら一人で生きていく方がまだ

いいかもしれない・・・。


そんな事を夕暮れの公園で考え込んだかーちゃんでした。。。



top0208-8.jpg





本日も最後までお読みいただきありがとうございます(*^^*)


ウチのミノモンタが何やら言うとりますので、今日もどうか

クリックお願いします~m(__)m


にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ


にほんブログ村





スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
No title
さみしいね。貧乏でもいいーーー.かな。迎えにきて欲しいね。わが身を考えるなぁ。
アズちゃんも、トップちゃんと、雪舞う中で、遊びたかったんだね~

父上様、順調なんですね、よかった、よかった…

畑の事、父上様も、長い間、世話してきた畑を、減らしてしまうのは、それは究極の決断だったと思います。自分ができないのに、母上様に、押し付けた感じになるのが、心苦しいだと思いますが、
母上様は、父上様ができなくなって、意地でもやろうとしてるんじゃないかしら…母は強し…しかし、母上様まで、体調を崩してしまったら、大変だよ…と、話したら…いかがでしょう!?娘の言葉には、耳傾けるかもです。
だれも皆、年老いていきます、今までできた事が、明日突然できなくなる可能性ありますから…
No title
ショーンです
退院の日に誰も迎えに来てくれないなんて
非情な家族ですねぇ
ホント、一人の方が覚悟ができるかも・・
お父さまもお母さまも幸せですね
しっかりした娘さんがいて♪
ノーベル賞候補犬メイゴンサンさんこんばんは^^

窓の外をじっと眺めてご家族を待っている老人の姿に、涙が出そうでした。
ほんと、お金じゃないですよね。
家族がいるのにこんなのって、寂しすぎる。。。
岐阜のママさんこんばんわ^^

両親のこと、畑のこと、考えても何が一番いい決断なのかまだ分かりませんが、
父は私の言うことは素直に聞けるようです。
母は私には本音を話してくれます。
なので私が中に入り、2人の一番いい形に迎えるようお手伝いできたらと思います。

両親はいつまでも元気だという気持ちでいましたが、もう老後を考える歳ですもんね。。。

トイプードルのふうさんこんばんは^^

あのご老人の電話の相手が息子さんか娘さんか奥さんなのかは分かりませんが、
どうやったらこんな仕打ちが出来るのかと涙が出そうでした。
まあ、私の知らない家庭の事情はあるでしょうが、自分の親にこんな思いは
何があってもさせたくないと胸に誓いました。

コメントの投稿

非公開コメント